夏季躁

  • 2020.06.25 Thursday
  • 20:14

漠然と仕事を辞めることを考えている。

新しい仕事を初めて3年が経つ頃、特に6月、7月。

いつもこの感情でいる。

 

これまでの人生を振り返ると、

ぼくは冬場に鬱々とした気分になる代わりに、夏場はえらく強気でいたように思う。

強いがゆえに会社を辞めてきた。

強いがゆえに、過剰な自信を持ちすぎた。

 

実際に会社を辞めることもした。起業をしたこともある。

無一文になりかけたこともある。ヒモになったこともある。

だけど、後悔をしたことはなかった。

 

すべて夏のできごとであった。

ぼくにはたぶん「冬季うつ」という病名がつくのだろうけれども、

見逃していけないのは「夏季の躁状態」があることだ。

 

転職のコツは、次を見つけてから辞めることだという。

だが、そんな悠長なことを言っていられるのだろうかとも思う。

時間は流れてしまうのだ。

 

ぼくは200万円も低い年収の求人に応募しようとしている。

「夏季の躁状態」のぼくには何もかもできる感情で満たされている。

いつもこんな感情で生きてきた。

 

そして不思議なことに、今ここにいる。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM